MENU

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

育毛剤は薬事法によって『医薬品・医薬部外品・化粧品』のどれかに分類されます。

 

中でも医薬品に分類される育毛剤は副作用の危険性が高いので、インターネットでの購入は制限されており、薬局などで販売する際には薬剤師が副作用のリスクなどを説明するように義務付けられています。

 

又、使用者にも制限が設けられていて高血圧・低血圧の人や心臓又は腎臓に障害のある人、むくみのある人、高齢者、未成年者は使用を禁止されています。

 

一方、チャップアップは医薬品ではなく医薬部外品に分類される育毛剤なので、副作用の危険性は限りなく低く、ネットで販売することも許可されています。また、使用者の制限も設けられていない事からも危険性が限りなく0に近い育毛剤であることが分かります。

 

ただし、使用する人の体質によっては副作用が起こる可能性もあります。そこで、チャップアップの育毛剤とサプリを使用した場合に起こりやすい副作用をランキング形式で紹介します。

 

チャップアップ育毛剤の箱に掲載されている副作用

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

チャップアップ育毛剤が入っている箱の裏側の注意書きを確認してみると以下のように記載がありました。

使用中や使用後に赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた時は、使用を中止し、皮膚科専門医へご相談されることをおすすめします。

 

勿論、これはあくまでも注意書きなどので使用者のすべての人に起こるというわけではありません。ですが、注意書きに記載するという事は可能性は0ではないということが言えます。

 

因みに、チャップアップサプリのボトルの注意書きの部分には特に副作用に関する記載はなく、以下のような注意書きがありました。

 

体質に合わない方は使用を中止してください。食品アレルギーのある方は原材料表示をご参考下さい。薬を服用あるいは通院中の方、妊娠、授乳中の方はお医者様にご相談の上お召し上がりください。

 

つまり、チャップアップサプリに関しては食物アレルギーの人がいは用法・容量を守って使用した場合には副作用の危険性はないということが言えます。では、実際にチャップアップ育毛剤とサプリで起こりやすい副作用見ていきましょう!

 

チャップアップ育毛剤で起こりやすい副作用ベスト3

1位:湿疹

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

チャップアップ育毛剤を使用して最も起こりやすい副作用は湿疹です。チャップアップは無添加で配合されている成分も天然成分を配合しているので、頭皮に負担や刺激が限りなく低い育毛剤です。

 

しかし、アレルギー体質の人がチャップアップを使用した場合にチャップアップに配合されている成分にアレルギー反応を起こしてしまい湿疹が出てしまう事も稀にあるようです。

 

チャップアップは第三者機関で@24時間閉塞パッチテストA低スティングテストBRIPT(累積刺激及び感作試験)を行っているので、他の医薬部外品育毛剤と比較しても湿疹が起こるリスクは低いですが、それでも絶対に怒らないとは言い切れません。

 

なので、アレルギー反応が心配な方はチャップアップ使用前に“パッチテスト”を行うといいと思います。もし、パッチテストを行って肌に湿疹や赤みが出た場合には全額返金保証を利用してお金を返してもらいましょう!

 

2位:かゆみ

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

次にチャップアップを使用して起こる可能性が高い副作用はかゆみです。このかゆみには2種類のかゆみがあって『アレルギー反応によるかゆみ』と『血行促進によるかゆみ』です。

 

チャップアップをはじめとした育毛剤には育毛成分の品質を保つためにアルコールが少量配合されています。なので、アルコールにアレルギーがある人は頭皮がムズムズかゆくなってしまう可能性があり、これがアレルギー反応によるかゆみです。

 

一方で、チャップアップに配合されている育毛成分の効果で頭皮の血流が良くなることで頭皮がかゆく感じることがあります。これは寒い日に熱いお風呂に入ると体中の血流が一気に良くなって体のあちこちがムズムズかゆく感じるのと同じ現象です。

 

なので、血行促進による頭皮のかゆみであればそのまま使用してもなんの問題もありませんが、アレルギー反応によるかゆみの場合にはすぐに使用を辞めたほうが良いです。また、もしどちらが原因で頭皮にかゆみがあるのかわからない場合にはチャップアップカスタマーサービス(0120−958−303)に相談してみてもいいですね。

 

3位:初期脱毛

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

この初期脱毛に関してはチャップアップではほとんど起こる可能性は少ないのですが、湿疹、かゆみの次に起こる可能性が高い症状となっています。

 

そもそも初期脱毛とは育毛剤に配合されている成分によって新しく生えてくる髪の毛が急激に成長して、今生えている細く弱って抜ける準備をしている髪の毛をしたから追い出して抜けてしまう現象です。子供の時の乳歯が抜けて大人の歯が生えてくるイメージに近いです。

 

その初期脱毛というのは基本的に服用するタイプの医薬品育毛剤に起こる現象ですが、中には外用タイプの医薬品育毛剤でも起こるケースがあるようです。

 

ただし、外用の薬品育毛剤でもほとんど起こらないので、医薬部外品育毛剤であるチャップアップに関してはほぼ起こる可能性は0に近いですが、、メーカーに直接電話で問い合わせてみたところ、中にはチャップアップで初期脱毛が起こったという人もいるようです。

 

ここでは副作用として初期脱毛を上げていますが、初期脱毛は新しく生えてくる髪の毛が成長している証拠なので育毛効果が出てきているサインなので決して悪い事ではありません。

 

育毛剤に配合されていると危険な成分一覧

チャップアップ育毛剤の副作用について解説してきましたが、以下では育毛剤に配合されていると副作用の危険性がある成分を紹介します。

 

もし、ここに記載されている成分が配合されている育毛剤を使用する場合には副作用の危険性が高いので注意してください。因みにチャップアップ育毛剤には下記で紹介する副作用の危険性がある成分は一つも配合されていません。

成分

症状

ミノキシジル かゆみ、あかみ、かぶれ、フケ、頭痛、めまい、胸の痛み、手足のむくみ
フィナステリド 睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下、乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、眩暈、そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫
合成香料 アレルギー反応による頭皮のかゆみや湿疹、赤みなど
着色料 発がん性、妊娠率の低下、じんましん、肝臓への影響、子供の成長不良および多動性、遺伝子損傷、下痢、シミ、肌荒れ
鉱物油 接触皮膚炎によるかぶれ、赤み、かゆみ、色素沈着によるシミ
石油界面活性剤 皮膚の保護被膜破壊、体内に浸透し成分が残留
パラベン しみやシワ、ニキビの悪化、発がん性
紫外線吸収剤 肌へのダメージ、アレルギー反応によるかゆみ
シリコン 毛穴のつまり、抜け毛、フケ、かゆみ

チャップアップサプリで起こりやすい副作用ベスト3


チャップアップサプリの用法・容量を正しく守って使用している分にはチャップアップサプリの副作用が起こることはありません。

 

ただし、出来るだけ早く育毛効果を出したいからと無理に多くのサプリメントを摂取してしまうと以下の副作用が起こる危険性があるので注意してください。

1位:頭痛

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

亜鉛やフィーバーフュー、ビタミン等を過剰に摂取した場合に副作用として頭痛が起こる可能性があります。

 

基本的には亜鉛やフィーバーフュー、ビタミンAなどは日常生活でなかなか摂取が難しい成分なのですが、他のサプリメントと併用していたり、牡蠣などの亜鉛が豊富に含まれている食物を大量に食べている場合には頭痛が起こる危険性があります。

 

2位:吐き気

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

ノコギリヤシ、亜鉛、ビタミン類等を過剰に摂取してしまった場合に吐き気や嘔吐の副作用を起こしてしまう可能性があります。

 

特にノコギリヤシは多くの育毛サプリに配合されている成分なので、他の育毛サプリと併用して使用していたり、活力サプリや筋肉サプリなどの別のサプリと併用している場合にもビタミンの過剰摂取によりこの副作用が出てしまう危険性があるので注意してください。

 

3位:めまい

チャップアップの育毛剤&サプリで起こりやすい副作用ベスト3

ノコギリヤシ、亜鉛を過剰に摂取してしまった場合にめまいの副作用が起こる危険性があります。

 

特にノコギリヤシは男性ホルモンに働きかけて薄毛の原因をブロックしてくれる反面、過剰に摂取し過ぎてしまうとホルモンバランスを崩してしまって体調を崩し、めまいが起こってしまう可能性もあるので取り過ぎには注意が必要です。

 

チャップアップサプリに配合されている成分と過剰摂取による副作用

チャップアップには色々な成分が含まれているのですが、その殆どの成分は頭皮や体にとって良い成分であることは間違いありません。しかし、摂取量を間違ってしまうと副作用があるので注意が必要です。

 

以下に、チャップアップサプリに配合されている成分の中で特に過剰摂取すると副作用が起こる危険性がある成分とその症状をまとめました。

 

成分

症状

ノコギリヤシ ノコギリヤシは大量に摂取すると吐き気やめまい、便秘、下痢、などを引き起こす可能性があります。また、ノコギリヤシは男性ホルモンに働きかける働きかける為、胎児や乳児のホルモンバランスを崩す恐れがあるので妊娠中の使用は控える必要があります。
亜鉛(食用酵母) 亜鉛は人間の体に対して毒性が非常に低く、通常の亜鉛の過剰摂取による副作用を起こすことはほとんどありません。しかし、サプリや薬などにようり急性亜鉛中毒が起こるとめまい、吐き気、胃障害、貧血、免疫障害などになる可能性があります。
フィーバーフュー 適量を超えると不快感や頭痛を生じさせる匂いの為、摂取量には注意が必要です。
ローズマリーの副作用 食べ物に含まれる量を摂取しても特に問題はありませんが、過剰に摂取してしまうと危険な成分で妊婦の方、高血圧の方、てんかんの方は多量の使用はしない方がいいです。
ケイヒ 普段の食事でスパイスやお菓子などで摂取する分には何の問題もありませんが、シナモンは子宮への刺激効果があるので妊娠中の方のシナモンの過度の摂取は避けた方がいいです。
L-ヒスチジン ヒスチジンを過剰に摂取するとヒスタミンという成分の血中濃度が増加し、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を持つ人には強いかゆみやじんましん、場合によってはショック症状を引き起こす可能性があります。また、妊娠中、授乳中の安全性については確認されていない為、過剰摂取は控えた方がいいです。
L-プロリン フェニルアラニンは安全な物質とされており、摂り過ぎても問題がないと考えられており、過剰摂取の危険度は低いとされています。しかし、フェニルアラニンには血圧を上昇させる働きがある為、過剰摂取により高血圧を招き、心臓病などのリスクを高める可能性があります。又、服薬との組み合わせで副作用が起こる可能性もあるので、過剰摂取は控えましょう。
ビタミン ビタミン類(ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12)は1日10g以上を摂取すると嘔吐、腹痛、下痢、頻尿、発疹などの症状が一時的に出る可能性があります。
ナイアシン ナイアシンの過剰摂取により健康に害を与える事をほとんどありません。しかし、ごくまれに過剰摂取により皮膚が炎症を起こしてヒリヒリすることや、悪化すると嘔吐や下痢、便秘などの消化器症状が出る場合があります。
ビタミンB6 食品からビタミンB6を摂取する場合には、余分なビタミンB6は排泄されるので問題ありませんが、ビタミン剤やサプリメントなどによって1日200〜500 mgなどのビタミンB6を大量に摂取し続けると腎臓結石ができたり、感覚神経障害がみられたりします。
ビタミンA ビタミンAは脂溶性の為、摂りすぎると体内に蓄積されます。中でも動物性食品に含まれるレチノールは過剰に摂取した場合、頭痛、嘔吐、吐き気、発疹、脱毛、筋肉痛、疲労感、など多くの不調を引き起こす原因となるので過剰摂取には十分注意が必要です。
葉酸 葉酸は食品から摂取する場合には過剰摂取による健康被害は心配ありません。しかし、薬やサプリメントなどにより大量に摂取した場合には神経障害、発熱、じんましん、皮膚炎などを起こす可能性もありますので、摂取量には注意が必要です。
ビタミンD ビタミンDは脂溶性で体内に蓄積されるので過剰摂取には注意が必要な栄養素です。ビタミンDを大量に摂取すると骨からカルシウムが溶け出して、血液中のカルシウム濃度が上昇する高カルシウム血症になり、倦怠感、食欲不振、嘔吐、脱水症状になる可能性があります。また、血管の内側や内臓、筋肉にまでカルシウムが浸透し動脈硬化や腎不全などの臓器障害などの危険性もあります。

まとめ:チャップアップの育毛剤とサプリには副作用のリスクはほとんどない!

これまでチャップアップの育毛剤とサプリの副作用について記載してきましたが、実際にチャップアップを使用して副作用が出る危険性はかなり少ないです。

 

ミノキシジル成分を含む医薬品育毛剤のリアップX5は厚生労働省の調査結果ではリアップX5の使用者の8.89%が何らかの副作用が出たという報告がありますが、チャップアップの場合はおそらく副作用の出る可能性は1%以下だと言えます。

 

又、仮にチャップアップに配合されている成分にアレルギー反応が出てしまった場合には全額返金保証を利用してお金を返してもらえるので安心です。

 

私もアレルギー体質なのでチャップアップの使用前はすごく副作用の心配があったのですが、実際に使って見ると全く副作用がなく薄毛を改善することが出来たので良かったです。